保育方針

保育理念

 キリスト教精神を基とし、神より託された保育に誇りと責任を持ち、子どもの個の尊重と、他者を愛し他者と共に歩む、温かで豊かな心の育成に努める。

○ 子どもの最善の利益を守る
○ 生きる力の基礎を培う
○ 他者への信頼感と自己の主体性を形成する
   

 乳幼児期は、生涯にわたる人格形成にとってきわめて重要な時期です。

 子どもが様々な人と出会い、関わり、心を通わせながら心身ともに健やかに成長していくよう、また、子ども達が心地よくいきいきと幸せに過ごすことのできる、もっともふさわしい生活の場を豊かにつくりあげていく事を大切にしています。

保育方針

来る子には楽しみを 帰る子には喜びを


保育目標

1)十分に養護の行き届いた環境の下に、乳幼児との安定した信頼関係を築き、子どもの様々な要求を満たし、生命の保持及び情緒の安定を図る。

(2)一人ひとりが大切な存在として受け入れられていく中で、自分と他者を愛し、認め合いながら共に育つ。

(3)神様を敬い、人に対する愛情と信頼感、そして個を尊重する心を育てると共に他者に対する思いやりや感謝する心を育む。

(4)様々な体験を通して、豊かな感性や表現力を育み、創造性・主体性の芽生えを培う。

(5)身近な自然及び社会事象への興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考力の芽生えを培う。

(6)生活に必要な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培う。